バックパッカー始め方

大学生バックパッカー秘伝の持ち物リスト38選を限定公開!これで東南アジアと中国を縦断した!#2

くさば

初めてのバックパック旅。

「服どれくらい持っていこうかな〜?」とか「これってあっちで使うかな〜?」「どのくらいの大きさのバックパック買おうかな?

とかって悩みませんか?

それで結局、悩んで時間は取られるし、全部持っていって重くなるし。

今回は、東南アジアと中国を縦断した経験を持つ僕秘伝の持ち物リストを公開します!

是非参考にしてください!

【体験談】中国・東南アジア陸路国境越え(ルート・期間・予算・ビザ・持ち物・注意点まとめ)

続きを見る

想定している読者

  • 海外旅行に必要な持ち物を知りたい方
  • 旅行で持っていく荷物を軽くしたい方
  • 東南アジア・中国をいつか観光したい方

こんな疑問に答えます

  • 何日分の服を持っていけばいいの?
  • 重さは何キロがベスト?
  • 何リットルのバックパックを持てばいいの?

荷造りで意識すること

  1. なるべく軽くの精神で!
  2. 2泊3日分の服で十分(現地で買うし、洗濯すればいい
  3. 服は乾きやすさと軽さ重視で!
  4. 重さは7キロ以下がオススメ(格安航空会社の重さ制限が7キロ
  5. 40L 以下のバックパックがおすすめ(格安航空会社の手荷物の最大が40L)
くさば

実際の写真はこんな感じ!

意外とこれだけで何とかなる
くさば

目次⬇️が持ち物リストになっているよ!

パッと確認したい人は目次を開いてみてね!

くさば

この記事は「バックパッカー始め方」シリーズ第2話の『事前準備をしよう』がテーマです

残りの話は随時更新していくので僕のツイッターかインスタを確認していてください!

バックパッカー始め方

  • 旅に出る前に
  1. そもそもバックパッカーとは
  2. 前準備をしようバックパッカーの持ち物リスト
  3. 目的地を決めよう
  4. 予算を決めよう
  5. 危機管理をしよう
  6. 旅のテーマを決めよう
  7. 旅で使えるアプリを入れよう
  8. ビザを取得しよう
  9. 保険に加入しよう
  • 旅の最中
  1. 安宿の見つけ方を習得しよう
  2. ゲストハウスのルールを知ろう
  3. メモを取ろう
  4. 旅中に病気になったら?
  5. 旅の食事のコツ
  6. 現地の人と会話するコツ
  • 旅が終わったら
  1. 旅を文字で記録しよう
  2. 家族・知人に土産話をしよう
  3. 旅の振り返りをしよう

『バックパッカー入門』一覧はこちら!

貴重品

パスポート(+コピー二枚とカバー)

ポイント

  • 海外行く際は必ず必要になってくる
  • 旅行中無くした場合は旅行先の日本国大使館に行こう
  • パスポートのコピーは再発行する時に手続きがスムーズになるよ
  • 入国スタンプの余白があるか確認しよう(余白がないと入国できない国もあるよ)

くさば

パスポートのカバーもあると汚れないからおすすめ!

現金・財布

ポイント

  • 円・米ドルを持っていく
  • 財布は最低3つ(盗難防止)
  • 長財布△二つ折り○(⬇️見本)

くさば

治安が悪いところは窃盗に遭うことが多々あるよ。

クレジットカード

ポイント

  • 最低2枚は欲しい(1枚使わなくても安心)
  • VISAとMasterCardの組み合わせがオススメ(大体の国で使えるから)
  • 海外保険付きのクレジットカードがオススメ

海外旅行保険証

くさば

海外旅行保険証とは、旅行中のアクシデント(病気とか窃盗とか)の損害賠償費や治療費を補う保険。

保険に加入していたら大丈夫だけど、スムーズにことを済ませたいなら持っていったほうがいいね

ポイント

  • 健康保険証、免許証や学生証も持っていこう
  • (理由は日本を出国するまでの間にトラブルが起きる可能性があるから)
  • 海外では使えないから、セキュリティーポーチにしまおう

Eチケット

くさば

Eチケットとは、電子航空券のこと!

航空券を買った時にメールで送られてくるよ。

だから、わざわざ航空券をプリントアウトしなくても大丈夫!

ポイント

  • 帰りの便の航空券がないと入国できない時があるよ(不法入国防止のため)
くさば

解決法は3つ

  • その場でどこかのチケットを買う
  • クレジットカードを見せてお金があることを訴える
  • 陸路で違う国に行く趣旨を伝える

実際、僕もシンガポール行きの便のチェックインで帰りの便の航空券を聞かれたよ

上海から日本に行きの航空券を見せたら、「上海までどうやっていくの?」って聞かれて

「バスと電車だけで行きます」って答えたら

びっくりした顔をしてたな〜

ビザ(+証明写真)

くさば

ビザとは、一言で言うと入国する際の許可証のこと。

一部の国は、ビザがないと入国できないから、事前にその国の大使館でビザを取得する必要があるよ。

国によっては現地でビザを即日発行してくれる国(カンボジアとか)もあるから、事前に調べておこう!

その際は証明写真が必要になるから持っていこう!

ポイント

  • 証明写真を持っていくパスポート再発行の時も便利
  • ビザが必要な国を事前に調べておく

防犯グッズ

バックパック・キャリーバッグ

ポイント

  • 7キロ以下がベスト
  • 40L以下がおすすめ(バックパックの場合)
  • 僕はモンベルのチャチャパック40Lを使っているよ

くさば

理由は2つ!

  • 40Lより大きいだと歩きにくいから
  • 40Lが手荷物として飛行機(格安航空会社)に持ち込める限界だから。
  • 多くの格安航空会社は手荷物の上限が7キロだから
ピーチエアラインの公式サイトから引用
https://www.flypeach.com/lm/ai/airports/baggage/carry_on_bag

セキュリティーポーチ

ポイント

  • パスポートと現金海外旅行保険証を入れておく用
  • 腰に巻くウエストポーチがおすすめ(人目につかないから)
  • 選ぶ際は薄めがいいよ(ズボンの内側につけるから)
  • 100均のポーチはすぐ糸がほつれたからおすすめできない!

南京錠

ポイント

  • バックパックに付ける用
  • 3つ持っていった
  • バックパックによってチャックとチャックの距離が異なるから融通が効くワイヤータイプがおすすめ(⬇️見本)

ひも

ポイント

  • 超便利!!
  • ベットの柱にバックパックをくくる時に使うよ(盗難防止)
  • 紐を伸ばして服を干す時

通信機器

スマホ

ポイント

  • スマホのメモ機能を使って思い出を文字で起こすのがおすすめ!
  • 言語設定は英語がおすすめ(現地で写真をお願いする際、相手が操作に困らないから)

タブレット(必要な人は)

ポイント

  • 移動時間にKindleを読む時に使っていたよ
  • 正直、なくても大丈夫!
  • 重くなるから注意しよう!

パソコン(必要な人は)

ポイント

  • 仕事などで必要な人は持っていこう!
  • 重くなるから要注意!

充電器・線

ポイント

  • 大容量かつなるべく軽いものを!
  • スマホの線を忘れずに!

変換プラグ

ポイント

  • 日本と海外ではコンセントの形が違う国もあるよ
  • 僕は100均の変換プラグを使っているよ
  • マルチ変換プラグだとわざわざ旅先のコンセントの形を調べなくて済むね
  • (⬇️見本 次回の旅はこれを使おうかな)

延長コード

くさば

これは持って行かなかったけど、次回の旅からは持っていこうと思う

ポイント

  • ホステルだと自分のベットの近くに電源がないことがあるよ
  • なるべくコンパクトなものがいいね
  • (⬇️は見本)

セルカ棒(任意)

ポイント

  • かさばりそうだったら要らないかも!
  • 重要度は低いアイテムかな
  • (一応見本⬇️)

カメラ類(任意)

くさば

当時の僕はスマホしか持っていなかったから持っていかなかったよ。

最近GOPROを買ったから次回から持っていくかな!

ポイント

  • 盗難には気をつけよう(金があると思われる)
  • スマホで十分な人は不要だよ

衣類

下着・シャツ・靴下・ズボン

ポイント

  • 2泊3日分でOK!
  • 軽いもの
  • 乾きやすいもの
  • 畳みやすいもの
くさば

服は現地で買えるし、洗濯できる!

意外となんとかなるものだよ!

上着(レインコート)

くさば

寒いところに行くなら上着が必要!

暖かいところだけならレインコートがおすすめ!

ポイント

  • スコールが降った時に使える
  • 冷房が効きすぎた場所にも使える(バス・ホステルなど)
  • 折り畳みが便利!(すぐ取り出せるし、かさばらないから!)

洗面用具

タオル

ポイント

  • 100均の濡らすと膨張するタオルは小さいからおすすめしない
  • 乾きやすいタオルなら干す場所を確保しなくて済むから便利(水泳用のやつ)
  • (↑ホステルだと干す場所ない時がある)

歯ブラシ・歯磨き粉

ポイント

  • 基本、ホステルには歯ブラシついていない
  • (日本のホテルはあるよね。それ持っていくのもアリ!)
  • 滞在する期間によって歯磨き粉の大きさを変えよう

シャンプー

ポイント

  • ミニサイズのシャンプー・ボディソープがおすすめ
  • (⬇️は見本)
  • 意外とどんなに安いホステルでも常備されている

石鹸・粉洗剤

ポイント

  • 服を洗濯する時用
  • 小包に入れておくと便利だよ
  • (下は実際の様子)
日本から持参した方が楽

日本のお土産(渡す用)

くさば

旅先で出会った外国人に渡すと喜ばれるから持っていくのがおすすめだよ!

扇子

ポイント

  • 日本の絵柄(富士山とか)が書いてあると尚良い
  • 100均でも十分

ペン

ポイント

  • 100均でOK!
  • 日本の絵柄(寿司とか)があるとなお良い

医薬品

くさば

旅行中に病気になることは稀ではないよ。

海外の薬だと体に合わない時があるから飲み慣れたものを持ち歩こう!

薬でも治らない時は保険会社に電話してから病院を受診しよう

詳細は今度記事にするね!

風邪薬・胃薬

ポイント

  • 日本の飲み慣れた薬が安心だという方へ
  • 特に腹痛になりやすい人は必需品

虫除けリング&ムヒ

ポイント

  • 暖かい地域に行くならあると安心
  • リングなら液体の内容量を気にしなくても大丈夫
  • (↑量が多いと飛行機に持っていけなくなる)
  • (⬇️は見本)

その他

筆記用具

ポイント

  • 英語が通じない時、絵を描いて伝える必要があるから持ち歩こう
  • 思い出をメモするときにも使えるから便利!
  • 一本あれば十分!
『上手な旅行記の書き方』17のテクニックまとめ(初心者向け)【書評】#15

続きを見る

電子書籍

ポイント

  • 旅の移動時間で読むのもあり
  • ガイドブックも読めるよ!

コンタクト(必要な人は)

ポイント

  • 旅の期間から逆算して必要な分を持っていこう!
くさば

このほかに必要なもの(トイレットペーパーとか水とか)は現地で買うことができるよ!

男性の方へ

髭剃り

ポイント

  • 意外と重いから要注意!
  • 意外となくてもなんとかなる
くさば

僕は持って行ったけど、使わなかったよ!

女性の方へ

生理用品

ポイント

  • 日本製の使い慣れたものを使いたい人は持っておこう!
  • 海外で現地調達する旅人もいる!

日焼け止め

化粧品

長袖・長ズボン(露出NGの国へ行く方)

ポイント

  • 女性のみ露出NGの国があるから要注意!

参考本

究極の個人旅行ガイド バックパッカーズ読本

著書の紹介

くさば

僕がバックパック旅を始めるきっかけになった本だよ。

旅初心者向けに旅のノウハウが書かれているから、安全に旅を楽しめるよ

ちなみに僕は2冊持ってる!(紙と電子書籍)

くさば

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よろしければ下の👍を押してもらえると嬉しいです。

質問やコメントも大歓迎です!

2+

↓はスポンサーです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

くさば

陸路旅マニア。趣味は色々な国境の陸路越えの方法を調べること。「安全な陸路旅をもっと広めたい」をモットーに旅ブログ「くさばびぶろぐ」を運営しています。僕自身、バスだけで東南アジア・中国縦断したり、車で日本横断したりしました。

-バックパッカー始め方

© 2021 くさばびぶろぐ Powered by AFFINGER5