東南アジア・中国縦断

あの綺麗な『セブ島』のゴミ山に住む人に「今、あなたは幸せですか。」と聞いてみた結果。

↑の画像、実はどちらも自分が撮ったセブ島の写真なんです!!一人でも多くの人にセブの本当の姿を知っていただきたくこの記事を書くことにしました~!是非、SNS等での拡散お願いします!!前回の記事ではセブ島のスラム街にホームステイ 今回は、、、セブ島のゴミ山に訪問した話をシェアしたいと思います!さらに、ゴミ山のゴミを拾って生計を立てている人にもインタビューした話も書いたので最後まで読んでもらえると幸いです! シェアしました。(こちらの方も是非チェックしてみて下さい。以下のリンクから記事のページにとべます。)https://www.tripforbeginnners.com/?p=106

ゴミ山に住んでる人にも自分たちの生活がある。ここで生計を立てている人の暮らしも考えないとゴミ山問題は根本的に解決できない。

セブのゴミ山について

↑ゴミ山に住む犬やヤギや子供

匂いは強烈で、ものすごい量のハエが体にたかっていました。それに加えて、かなりの数の野良犬ヤギ子供たちがゴミをあさって食糧や金目になるものを探していました。先輩の話によると一年前に訪れた時よりもゴミ山の高さがさらに高くなっていたそうです。(セブのゴミ山の現状をさらに詳しく知りたい人は下のリンクからとべます。)

https://gloleacebu.com/garbage_environment/

行くことになった経緯

青学公認のサークル『学生ボランティア団体fan×fun』内にて募集がありました。セブ島のゴミ山訪問も前回の記事で共有したスタディツアーのプログラムの一環でした。「行く前はゴミ山で何かの感染症にかかっちゃうかな」とか、「においに耐えきれなくて嘔吐しないかな」とか不安でしたが、貴重な経験だと捉えなおし行くことを決意しました

ゴミ山にいる人にインタビューしてみた

実はですね、ゴミ山に訪問した際にゴミを拾って売ることで生計を立てている人(通称;スカベンジャー)にインタビューをしたのでその時の様子をシェアします。今回インタビューさせていただいたのは小学生の子供を持つお父さんでした。(30代くらい)下の会話は、ガイドさんを通じてビサヤ語を英訳したものを自分が日本語訳したものです。(フィリピンではあるがスカベンジャーは英語が通じない。)

こんにちは。私は日本から来ました。質問よろしいですか。

(ただ軽く頷くのみ)

今何をしておられるんですか。

プラスチックを拾っているんだよ。

何でプラスチックを拾っているんですか。

プラスチックを売ることで収入を得ているんだ。教育費を払わないといけないからね。

どのくらい稼げるんですか。

1キロ約10円だよ。

他の仕事に就こうとは思わないんですか。

3年前までは農家をやっていたんだけど、こっちの方が稼ぎがいいんだ。

今、あなたは幸せですか。

うん。家族も養っているし、子供が学校に通っているからね。

質問は以上です。ありがとうございました。

(何も語らず金属・プラスチック集めに戻る。)

感じたこと

ゴミ山訪問で一番印象に残ったのは、「今、あなたは幸せですか。」と質問した時にうん。と答えたことです。(この質問を自分がしたときは、「そんなわけないよ。」とか、「本当はこんなことしたくないよ。」とかみたいな返答が来ると思ったので。)でも実際は違いました。なのでこの返答を聞いた時驚きのあまり数秒間何も言葉を発することができませんでした。ここで気づいたことは、ゴミ山の問題を根本的に解決するにはただゴミを削減するだけではいけないことです。ゴミを売ることで生計を立てている人の立場にもなってこの問題に取り組む必要があると感じました。PC.ゴミに埋もれた子犬を見たときは胸がとても痛かったです。

行く方法

自分はボランティアサークルを通じて、ハロハロさんが経営しているスタディツアーに参加しました。以下のリンクからハロハロのホームページにとべます!興味ある方はぜひチェックしてみてください!!https://www.npohalohalo.org/event/studytour/cebu/

0

↓はスポンサーです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

くさば

陸路旅マニア。趣味は色々な国境の陸路越えの方法を調べること。「安全な陸路旅をもっと広めたい」をモットーに旅ブログ「くさばびぶろぐ」を運営しています。僕自身、バスだけで東南アジア・中国縦断したり、車で日本横断したりしました。

-東南アジア・中国縦断

© 2021 くさばびぶろぐ Powered by AFFINGER5